-

受領した明細レシート保持義務はあるのだろうか?。正解から先に記載すると所持する重要な意味は特にない。個人個人で保持していることにより自身が使用した中身をとっておきたいと考える際は持っていればよいだろうし、反対に言うとそのような証拠は必要でないという場合は保管しておく必然性はないと思います。ただ月に一度送られてくる使用履歴との照らし合わせ作業をする際にはこれらの利用レシートが不可欠。レシートをそれまでは少なくとも所持しないとどの店で何日にいくらくらい利用したかが定かでなくなることだけでは済まず、誤植・ダブりに関しての確認ができなくなってしまうので気をつけなければなりません。特にクレジットカードを利用した金額については利用レシートを保存していないと覚えておくことはできないはずです。せめて利用履歴が手元にくるひと月ふた月くらいは、しっかりと捨てないようにしたほうがよい。クレジットの明細レシート処分法→カードの明細レシート処分法はとにかくシンプルなのです。他の人に不正な使用をされないよう、破って廃棄するだけで問題ないのである。簡易裁断機などが自宅で利用できる場合は念には念を入れて利用するほうが良いでしょう。なにせカードの利用を記載しているレシートなのだからクレジットナンバー等、個人情報の内容について判別されるデータがとても多く詰まっています。不要なレシートと考えず気を抜かずに実施して欲しいです。一方で、悪用防止の意味でレシートにクレジットナンバーといった個人情報が書かれない明細レシートも出ているようだが、過度な安心は禁物です。