-

契約店で一切の保有カードが切れるわけではない▼クレジットカードの加入店は一般的に、複数のクレカの運営会社に入っていますが、残念なことにどれもの加盟店舗でどれもの運営会社の決済可能なんではありません。一例をあげると以前からあるお店のときはJCBのロゴの付いているそのクレジットカードしか決済できない場合もありますし今日日のショップならばVISAとかMasterCardマークの入っているやつしか決済不可な場合もよくあります。ディスカバーカードといったクレジットカードだったら、よけいに決済不可な場面が増えるんじゃないでしょうか。何のブランドの所有カードが決済できるかをいかにして見分けたらいいんだろう?「それならどのようにして何のブランドのクレジットカードが使えるかを見たらいいの?」というと、ちゃんと確かめるんだとすると店舗の誰かに問い合わせてみる以外にはないというのが実は正しい回答です。ただたいがいのショップやホテルにはその目につきやすいところとかに切れるクレカ会社のロゴがプリントされたステッカーが付けられている理由から「そっかここの店はMasterCardが使えるんだ」といったことが分かりやすいようにされているし頭に入れておいてください。とはいうものの、十分に確認が出来ていない加入店のような場合には印が貼り付けられている状況でも「当店ではそのクレジットカードはご使用になれません」といったような対応をされるなんてこともないといえなくもなくメンツをつぶされてしまうこともあるでしょう。欲を言えば可能な限りはより多くの加入店舗で使えるようにするためにも異なるブランド(国外ロゴ)が書かれている一般的なVASA、マスターカードダイナースカード、などのクレカをいくつか財布に入れておくようにするとよいでしょう(例:ニコスカードをいつも使っているなら二枚目は銀聯カード付属のカードを財布に入れておくなど等)。とりわけ国内使用のみならVISA、MasterCard、JCBカードの3つのマークが入ったクレカを常に携帯しておけばおおむね100%近くの加盟店舗でなにがしかのクレジットカードを使うことが可能です。クレジットカードを使って有効にスマートな支払いを継続していくには、しっかりと別々のクレカを申し込んでおいてほしいとおもいます。